スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

覗いてみましたらまだブログが存在していました(#^.^#)
って、自分で削除しなければなくならないのですね。

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
大変ご無沙汰しております。
前回のブログは2015年1月18日でした。
10か月があっという間に過ぎてしまいました。
皆さまはいかがお過ごしでしたか?

我が家の近況をお知らせします。
どうしても夫のことがメインになります。
夫は現在要介護5です。
私は日常生活と介護に追われる日々を送っています。

夫は立つことも歩く事も出来なくなりました。
でも、ベッド上ばかりですと、寝たきり状態になってしまいますから
食事の時はベッドから車いすに移動しています。
ベッドから車いすへの移動は介助が必要です。
車いすに座っていられるのは2時間位です。

自分一人で最初から最後までできることは、今は歯磨きだけです。
これも不十分だとは思いますが、本人が出来ていると思ってもらいたい為
私は手出しはしません。
その他は少しずつ介助と見守りが必要です。
食事は普通食を食べています。
お風呂は自宅では入っていません(自宅では入れません)。
排泄は自分では出来なくなりました。
夜は良く眠れています。
認知症状は進んでいますが、私の事は認知出来ていますし、
コミニュケーションも完璧ではありませんが、とれています。
私は時々夫に叱られます。「乱暴だよ」とか「声が大きすぎる」とかね(〃▽〃)
これは嬉しいことですから良いのですが、、、。

ディサービスやショートステイを利用しています。
訪問診療や訪問看護、訪問リハビリを受けています。
出会った皆さんがとても良い方ばかりですので、
私たちはとても幸せです。特にケアマネジャーの方が
とても親切で知識もあり、熱心に対応して下さるのでありがたく思っています。

2011年8月から5年3か月が経ちました。
最初は障害はありませんでした。でも、徐々に障害が出てきて
そして弱っていってるのは確かです。
私が一番かわいそうだと思ってしまうのは、
今まで出来ていたことが段々と出来なくなることです。

今年の夏に私は体調を崩しました。
私が倒れたら夫はどうなるのだろう、と
先の事を考えるようになりました。
それまでは、出来れば自宅で看取りたい、と思っていたのですが
自信がなくなりました。それで、特別養護老人ホームに申し込みを
しました。夫は重症な方だからでしょうか、もう入所のお話しが来て
びっくりしています。
自分の体が元気になると、まだ介護は続けられると思ってしまい、
入所の件は迷っています。

とりとめのない記載になってしまいました。済みません。
この辺でやめておくことにしますね。

では、皆さま良いお年をお迎え下さい。
来年1年が良い1年となりますようにお祈りしております







スポンサーサイト

お久しぶりです

前回のブログは2013年8月8日でした。
あれから1年5か月も経過してしまいました。
ご無沙汰しております。皆様お元気ですか?

実はHPとブログを削除しようと思っていたのですが、時間がなくて、、、
そうこうするうちに削除方法がわからなくて、さらに時間が必要となり、、、
そんなこんなで今に至っております。言い訳はこの位にしますね。
今までこんなことがありました。

夫との闘病生活は2011年8月15日からですから早3年5カ月を経過しました。
当初は、長くは生きることが出来ないのではないかと私は思っていました。
今の状態は安定していると言えば安定してると言えなくも
ないですが、室内はつかまりながらの歩行、屋外は車いすが多くなりました。
そして頭の方がね。でも、コミュニケーションはとれています(^-^)

2012年3月には義母が97才で亡くなりました。
天寿を全うしたと言えるのではないでしょうか。
まさに気持ちよく眠っているといった感じで、穏やかな顔をしていました。

2014年12月には義弟が亡くなりました。
まだ59歳でした。妹家族はもちろんのこと私もとても
ショックでした。優しくて、いつも周囲の人の事を考えて行動する義弟でした。
私が妹宅に行くとガールズトークが始まり、お茶を飲み干しているのにも気がつかないでいると、私と妹にそっとお茶やコーヒーを入れてくれる優しい義弟でした。妹は娘や孫よりも「パパ」が大好きでした。仲の良い夫婦でした。
人は皆いつかは行かなくてはいけない黄泉の国ですが、あまりに早い死でした。
皆がその事実を受け入れるまでには、まだ長い時間がかかりそうです。今でも信じられない思いです。

誰もその時に思うことですが、「どうして?何故?私がこんな目にあうの?」
でも、20年前の阪神大震災の時、一瞬で亡くなっている方たちがいます。
東北大震災でも大勢の方たちが亡くなっています。
その間にも色々な災害にあわれて亡くなっている方たちがいます。
そう考えると、今、私たち夫婦が二人そろって生きていられることを有り難く思わなくてはいけませんね。

来るもの拒まず、ではないですが、何が起きるかわからないので、その時は一生懸命対処するように頑張ろうと思っています。若い頃には考えてもみなかった老い、病気、死、、、、でも、これは皆自然なことなんですよね。
一度しかない人生ですから、その時を迎えるまでは明るく楽しく前向きに生きていきたいと思っています。

というわけで、リハビリを兼ねてカラオケに時々行ってます。はっきり言って二人とも下手です(^_^;)でも、楽しんでいます(^-^)車いすで電車やバスで1泊2日の小旅行へも行っています。普段は食事制限がある夫ですが、たまには好きな物を食べに行ったりもしています。例えばうなぎとかね(^-^)

長くなってしまいましたm(__)m
久々のブログで更新の仕方もわからず、
思い出すまでとても時間がかかってしまいました。

次回はいつ来れるかわかりませんが、
皆さまどうかお体に気をつけて、今年1年が良い年でありますように、、、。

私は元気にしています

久しぶりに放置したままのブログをのぞいてみました。
夫と共に闘病生活して、もう少しで2年になります。
もう2年とも、まだ2年とも思えます。

2011年8月15日に弁膜症と脳梗塞を発病して、一気に病気モードへ・・・
夫はそれまで病気をしたこともなく、検診も律儀に受けていました。
夫のショックは相当なものでした。

病気をしたこともなかったので、薬を飲んだこともなかったのですが、
それからは沢山の薬を飲むことになりました。
服薬を習慣にするまで時間がかかりました。

脳梗塞の後遺症は当初殆どなかったのですが、今年に入り後遺症が出て来ました。
2月頃よりかなりのスピードで悪くなって来ました。そして
病気というのは、若い頃と違い年をとると良くなるということはなく、
さらに色々な所に故障が出てくるものですね。

それでも、自分で歩いたり食事をしたり、と出来る事はまだまだあります。
そしてこの2年間で病気に関連してですが、色々なことに出会い勉強になりました。
セカンドオピニオン、担当ドクターとの関係、ホームドクターの選択、などなど・・・

病状を受け入れることと、諦めることは紙一重のような気がしていましたが、
病状は受け入れても、諦めたくはないのです。
ただ、現実として夫の病状が悪化しているのを、認めざるをえません。

限られた命はどのくらいもつのか・・・。
1年か2年か3年か、それとも・・・。
それは神様だけしかわかりません。

一日一日を大切に生きていきたいと思います。
いつも寝る前になると言う夫の口癖は・・・
「今日も無事に一日が終わったな。感謝!」(*^.^*)




お知らせです

前回のブログを見たら、なんと5月・・・・
とっても久しぶりのブログです。
皆様お元気でしたでしょうか?
書こうと思えば書けたのでしょうけど、気持ちが向かなくてね(-_-;)

色々とありました。
夫が体調を崩し、8月にはとうとう脳梗塞になりました。
8月末には退院し、自宅療養中です。
四肢麻痺等は残らなかったのですが、心臓の病気も見つかり
その治療が難しくて、このまま悪化しないようにしていくという
消極的な治療方針です。仕方がないのかもしれませんが、
まだ何かできるのではないかと、期待をしてしまいます。
今は脳梗塞の再発防止と心臓病の悪化を防止するといった治療方針です。

今まで病気をしたことがない夫でした。
仕事をしている時もドックをかかしてことがなく定年退職した後も、
市の検診(基本健診とがん健診)をかかしてことがない夫でしたが、
ここで大きな病気にかかってしまいました。
健診がオールマイティーとは思いませんが、とても残念です。
本人はかなり落ち込んでいました。当然だと思います。

でも、私は決してあきらめているわけではありませんよ。
今はセカンドオピニオンを求めることも考えています。
「受容」と「諦め」・・・最近よく考えます。

そういう訳で現実の生活で多忙な状態が続きますので、
HPは閉鎖することに致します。
といっても、随分長い間、更新もしていないですし
殆ど閉鎖と同じでしたけどね(-_-;)
消す時間もありませんので、しばらくHPはこのままにしておきます。
長い間ありがとうございました。
ご挨拶に伺わなくてはいけないところですが、申し訳ありませんが、
このような状態ですので出来ません。

HPは脳の老化現状を少しでも遅らせる為に始めたことでしたが、
2003年8月6日に開いてから、8年が経過しました。
とても楽しい時を過ごしました。
閉鎖を考えた時に何度も皆さんの励ましに助けていただき
ここまでどうにか続けて来ました。
まったくのアナログ人間の私が少しは変わったと思います(*^_^*)

68歳の夫と61歳の私。
これからはのんびり、ゆっくり、あせらずに生きて行こうと思っています。

最後に老婆心ながら・・・
健診は必ず受けること、でも過信はしないこと。
少しでも?のことがあったら、受診すること。
そして、おかしな病院や先生だったら、変えてみること。
こねは大いに利用すること。
内科医の姪は脳外科医の旦那様とアメリカ在住なので、日本にいれば心強かったのですが、
でも、メールやスカイプで話して色々と相談に乗ってくれます。有り難いことです。
多くの人に支えられて生きていることに感謝です。

では皆さん、お体に気をつけてお元気にお過ごし下さいね。




深大寺&神代植物園のバラ

25日はブッダ展の後、深大寺へ行きました。
ランチは済んでいたのですが、
誘惑に負けて「玉乃屋」で10割そばを食べました。
おいしかったです(*^.^*)

そういえば、深大寺の釈迦堂に安置されている「白鳳仏」は
ブッダ展に展示されているため、釈迦堂には模造仏を安置して
ありますので、という注意書きがありました。

玉乃屋でおそばを食べた後、すぐそばの植物公園入口より
植物園に入り、バラを見て来ました。それはそれは見事でした。
ちょうど見ごろということもあって、平日にもかかわらず
とても沢山の人がみえていました。本当に神代植物園の
薔薇は見事です。
特養に入所する前、義母と一緒に植物園を何度か訪れましたが
こんなに見頃のバラの時には来た事がありませんでした。
その時は園内はとても広いので、車いすを使用して回った
のですが、今は懐かしい思い出です。


ブッダ展

25日友人と手塚治虫「ブッダ展」へ行って来ました。
場所は東京国立博物館本館。
仏教の開祖である釈迦の生涯をたどる展示です。
しゃか族の王子として生まれたシッダールタが
後のブッダとなります。
ブッダとは「仏の悟りを開いた人」のことを指します。
基本的には仏教を開いた釈迦ただ一人を仏陀とします。
本名(俗名)がガウタマ・シッダールタ。

釈迦=本名がガウタマ・シッダールタ=ブッダ(仏の悟りを開いた人)
沙羅双樹の木の下で生まれた釈迦は、菩提樹の木の下で悟りを開き、
沙羅双樹の木の下で息を引き取ったのです。

「ブッダ」とは誕生→苦悩→苦行→悟り→涅槃までを
手塚治虫が10年以上かけて独自の解釈で描いた漫画です。

オリジナル原画と仏像のコラボレーションとでも言いましょうか。
こじんまりとして小さい展示ですが、行ってみる価値はあると思います。

満を持して公開されるアニメ映画「ブッダ」は今日から全国ロードショーです。

ウクレレ

ウクレレはちっとも上達しません。
といっても、私が練習をしないからですが(*^_^*)
でも、楽しく続けています。
生徒は全員中高年ですから、
先生もそこのところは気遣って下さり、
のんびりモードのお教室です(*^_^*)

途中で先生がお茶を入れて下さり、
お茶とお菓子でしばしの歓談です。
話題は食べ物、旅行、孫、体のこと等など。
なんの脈絡もなくどんどん話すのですが、
それが結構楽しいのです。
上手になったら、発表会に出たいわね、
等と言う方がいます(爆)
私だけのことを言えば、それははっきり言って
「無理」です(キッパリ)

継続は力なりです。楽しく続けていければ
それで良いと今は思っています。

骨董市

21日久々に骨董市へ行って来ました。
混雑をさけて、朝7時に行きました。
何かを捜しに行くとか、買い求めるつもりが
あるわけではなかったのですが、久しぶりに
食後の散歩のつもりで主人と出かけてみました。
朝早いのにも関わらず、沢山の人出でした。

安い物からかなり高価な物までありますが、
結構値段がはるものが多いです^^;
値段は交渉しだいということもありますが、
衝動買いというのにはちょっと高価すぎる物が多いですね。
この骨董市は毎月第3土曜日に開かれています。
駅周辺なので便利なためか、かなり遠方から来られる方も多いようです。
ちょっとお話した方は埼玉県から来られたとか。びっくりです。

何年前でしょうか、8年位前だったかしら、私は
大正時代の一人用の当たり火鉢を2つ購入したことがあります。
見てすぐに気に入り、値段を聞いて即購入しました。
2つで5000円。破格の値段だと思いました。
高さと直径が約20㎝位の円柱型で材質は木で朱の春慶塗。
中には陶器の器に灰が入っていました。
豆炭等を入れて、暖をとっていたのでしょうか。
現在私はその2つを花器として使って飾っています。


その日は見て回っただけで結局は何も購入しませんでした。

家庭菜園

なかなか暖かくならなかったので、畑の作業がはかどらず
今年は遅くに種まきや苗の植え付けをしました。

作る野菜は例年とほぼ同じ。
トマト・キュウリ・ナス・ピーマン・シシトウ・オクラ
モロッコインゲン・スジナシインゲン・枝豆・シソ
それに葉物を少々。サンチュやチンゲンサイ
少しずつ作りますが、少人数の我が家にとっては十分な
野菜が収穫出来ます。夏野菜は殆ど購入しないで済みます。
ただ、今年は今までと違うことが・・・
そうです。原発事故の影響のことです。
ショックなことは足柄のお茶が放射能汚染で出荷できない
というニュースでした。我が家よりもずっと原発からは
離れている地域で放射能汚染とは、本当にびっくりしました。
3月11日以後すぐに放射能が飛散したのではないでしょうか。
今の状況も良くわからないし(政府や東電が信用出来ないし)、
農園仲間もなんだか今年は力が入らないと言っています。
いまひとつ活気がありません。

とは言ってもやらないわけにはいかず、例年通りに作付けはしました。
本当に原発事故の事を考えると、今日の曇り空のように
気分もどんよりとしてしまいます。被災された方たちも
まだまだ大変な状況の中で生活されているわけですし、
本当にどうにかして~~って叫びたいです。
私のHP

未来

みく(未来)の部屋

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旬の花時計
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。